WorldCat Identities

鄉原佳以

Overview
Works: 20 works in 32 publications in 2 languages and 48 library holdings
Genres: Criticism, interpretation, etc 
Roles: Author
Publication Timeline
.
Most widely held works by 鄉原佳以
Il y a de l'image : Maurice Blanchot et l'image minimale de la littérature. by Gohara Kai( Book )

7 editions published between 2007 and 2011 in French and Japanese and held by 9 WorldCat member libraries worldwide

"Parler (écrire), ce n'est pas voir", affirme Maurice Blanchot (1907-2003). Ce n'est pas voir, mais entrer en rapport avec I' "image". Pourtant, quelle est cette "image" étrange, séparée du "voir" et rattachée du "parler (écrire)"? Si Blanchot parle souvent de "fascination" de l'"image" dans ses textes sur la littérature malgré sa critique de la conception opti-centrique de la littérature, qu'est-ce que cela signifie au fond? On sait que Blanchot a présenté un concept saisissant de "ressemblance cadavérique" dans son article sur l'image : "Les deux versions de l'imaginaire". L'important n'est cependant pas de dégager ce concept en le distinguant de la conception blanchotienne de la littérature, mais de l'examiner et l'élucider dans la mesure où il soutient fondamentalement celle-ci. La présente étude propose d'analyser, dans cette optique, les textes de Blanchot principalement dans les années quarante et cinquante. Dans un premier temps, elle explore les articles abordant explicitement la question de l'image, pour faire ressortir une logique immanente de la "ressemblance cadavérique". La deuxième partie, dans laquelle le mot "figure" sert de fil conducteur, est consacrée à éclaircir l'image comme langage littéraire. Toutes ces analyses permettent de conclure ceci : Blanchot n'avait pas une pensée iconoclaste sur la littérature, mais il pensait qu'une sorte d'image minimale, qui est la condition de possibilité - F"il y a"--De l'image représentative, était indispensable justement pour résister à celle-ci. Il reconnaissait ainsi, dans la littérature, la passion de la figuration
Sanshu by Jacques Derrida( Book )

2 editions published in 2013 in Japanese and held by 5 WorldCat member libraries worldwide

Mōrisu buransho : fukashi no pātonā by Christophe Bident( Book )

2 editions published in 2014 in Japanese and held by 4 WorldCat member libraries worldwide

Veru by Helene Cixous( Book )

2 editions published in 2014 in Japanese and held by 4 WorldCat member libraries worldwide

Kemono to shukensha : jakku derida kōgiroku by Jacques Derrida( Book )

2 editions published in 2014 in Japanese and held by 3 WorldCat member libraries worldwide

Tairyū( Book )

2 editions published in 2000 in Japanese and held by 3 WorldCat member libraries worldwide

La voix verticale by Bruno Clement( Book )

2 editions published in 2016 in Japanese and held by 3 WorldCat member libraries worldwide

Buransho seiji ronshū : 1958-1993( Book )

1 edition published in 2005 in Japanese and held by 2 WorldCat member libraries worldwide

owarinaki taiwa( Book )

1 edition published in 2017 in Japanese and held by 2 WorldCat member libraries worldwide

Bungaku no minimaru imēji = IL Y A DE L'IMAGE : Mōrisu buransho ron( Book )

1 edition published in 2011 in Japanese and held by 2 WorldCat member libraries worldwide

owarinaki taiwa( Book )

1 edition published in 2016 in Japanese and held by 2 WorldCat member libraries worldwide

Kemono to shukensha : Jakku derida kogiroku( Book )

1 edition published in 2014 in Japanese and held by 1 WorldCat member library worldwide

「外光」に浸される現代性の「典型」と「様相」 : マラルメの詩論展開におけるマネ論の位置 by 佳以 郷原( )

in Undetermined and held by 1 WorldCat member library worldwide

象徴派の詩人マラルメは、晩年の批評詩「詩の危機」(1886?1897)のなかで、詩の言葉は「純粋観念」を放射すると述べている。このことは、マラルメの徹底した観念論を表すものであるといえるが、しかし、現実の具体的な事物から切り離された「純粋観念」が、それでも何らかの詩的イメージを呼び起こすとすれば、そのイメージはいかにして成立するのだろうか。本稿ではこの問いに答えるために、「詩の危機」の当該部分の十年前に書かれた評論「印象派の画家たちとマネ」を読解する。70年代マラルメの多岐に渡る活動や「群衆」との関係を踏まえたうえでこの評論を読み解くことにより、そこから現代性と密接に関わる二種類の「観念」のイメージ、すなわち「典型」と「様相」が引き出される。そして、これらの関係性を検討することにより、最終的に、「純粋観念」のイメージとしての性質、および、それが「時代の危機」と取り結んでいる関係を明らかにする。
「全体へのパッション」あるいは名前の射程-『彼方への一歩』に至るブランショ by 佳以 郷原( )

1 edition published in 2010 in Undetermined and held by 1 WorldCat member library worldwide

モーリス・ブランショは1960年前後から断章形式に関心を示すようになった。70年代になると「断片的なもの」への傾斜は決定的となり、後期ブランショを代表する二著『彼方への一歩』(1973)と『災厄のエクリチュール』(1980)はいずれも全編が断章形式で書かれている。50年代末から70年代末にかけて、ブランショのなかで「断片的なもの」が大きな位置を占めるようになったことは明らかである。では、その「断片的なもの」とは何なのか。断章形式への傾斜は40-50年代のブランショの文学論といかなる関係にあるのか。そこにはある種の断絶があるのだろうか。しばしば言われるように、断章形式への移行は全体性の形式たる「書物」からそれに収斂しない「エクリチュール」への移行であり、ブランショの「断片的なもの」は全体性と無縁なのだろうか。しかし、だとすると、『国際雑誌』が「全体へのパッション」を持たなければならないと言われるとき、その「全体」とは何なのか。本稿では、『彼方への一歩』を過去のテクストと照らし合わせて読解することにより、これらの問いに取り組む。そこから導き出されるのは、ブランショの思考の断絶ではなく深化である。
「終わりなき対話」と「終わりなき分析」 : -ブランショとフロイト by 佳以 郷原( )

1 edition published in 2014 in Undetermined and held by 1 WorldCat member library worldwide

モーリス・ブランショ(1907-2003)はフロイトの精神分析とどのような関わりをもったのだろうか。まず気づかれるのは、ブランショが同時代の作家や批評家たちと異なり、精神分析を文学に導入することに対してきわめて慎重であり、文学作品の精神分析的解釈を繰り返し批判したことである。文学言語は作者の精神分析には還元しえない「終わりなきもの」への接近であるというのがブランショの見解であった。他方でブランショは、精神分析理論における「反復強迫」や「死の欲動」に関しては、同じ理由から、文学の経験との親近性を見出していた。注目すべきは、ブランショが1956年の論考「フロイト」において、多くの留保は示しながらも、精神分析における「対話」に「終わりなきもの」との関わりを認めたことである。ブランショにとって、精神分析は治癒のための制度である限りでは文学とは相容れないが、その「対話」においては文学の経験と接近するのである。
Enseigner, sur la pédagogie de la philosophie et de la psychanalyse by Alain Juranville( Book )

1 edition published in 2008 in French and held by 1 WorldCat member library worldwide

Kemono to shukensha( Book )

in Japanese and held by 1 WorldCat member library worldwide

Shomotsu no fuzai chūseiteki na mono danpenteki na mono by Maurice Blanchot( Book )

1 edition published in 2017 in Japanese and held by 1 WorldCat member library worldwide

Fukusūsei no kotoba ekurichūru no kotoba by Maurice Blanchot( Book )

1 edition published in 2016 in Japanese and held by 1 WorldCat member library worldwide

Derida to shikei o kangaeru by Kazumi Takakuwa( Book )

1 edition published in 2018 in Japanese and held by 1 WorldCat member library worldwide

 
moreShow More Titles
fewerShow Fewer Titles
Audience Level
0
Audience Level
1
  Kids General Special  
Audience level: 0.87 (from 0.64 for 「全体へのパッショ ... to 0.99 for Shomotsu n ...)

Alternative Names
Gohara, Kai

Gohara, Kai 1975-

ゴウハラ, カイ

ゴウハラ, カイ 1975-

鄉原, 佳以 1975-

Languages